外壁塗装の知識

外壁塗装の必要性・種類など基礎知識の解説


建物は常に厳しい条件下にさらされ続けています。直射日光や雨、風などの自然環境の影響、特に最近は酸性雨や大気汚染によって建物の汚れや傷みは厳しいのだと言われています。


建物も人の体と同じで、いつまでも健康を保つために、定期的に検査をしたり、メンテナンスを行う必要があります。そのためには、自分の住む家の外壁の材料や工法などを知っておく必要があります。


突然、セールスマンが訪ねてきて、「お宅の外壁は塗装をする時期がきています」「外壁塗装を早急にしないと雨漏りしますよ」などど言われてあわてて外壁塗装を検討するという方もあるようですが、外壁塗装は一般の人には全くの専門外で、業者のいうままになることが多く、高い費用をかけても10年も持たないというような失敗も少なくありません。


外壁塗装は決して安くない出費です、無知の状態のままでは悪徳業者にひっかかる可能性が高くなってしまいます。大切な我が家の外壁のことを熟知とまでではなくてもいいので知っておくことで後から後悔しないですむのではないでしょうか。


外壁塗装の費用は業者によって異なります。また塗装方法や塗料によっても大きく費用の違いが出てきますが、100万円単位の準備が必要となります。
なので、外壁の種類を知った上で、業者の示す塗装方法や塗料の種類などが適正であるかどうかをよく検討することが無駄な出費を抑えるコツでもあります。


建物は劣化します、その劣化を防ぐためにも外壁塗装は必要不可欠なリフォームだと考えて、長いスパンで費用の準備をするようにしたいものです。


外壁塗装の必要性


家を新築して10年以上経過して外壁にヒビが入ったり、カビが発生した部分があっても雨漏りしていなし、不便も感じていないのでそのままにしているというお宅も少なからずあります。


しかし、ある年数を過ぎると徐々にヒビ割れの隙間から雨が侵入して部屋の中の壁が湿気を帯びたりカビが発生してしまうことになります。そうなると外壁だけでなく部屋の中までメンテナンスをしなくてはなりません。もちろん費用も高額になってしまいます。


そんなことにならないため、外壁の材料などに応じたメンテナンスを定期的に行えば新築の状態を少しでも長く維持できます。
建物の防水力を維持するために、外壁のヒビ割れやシーリング箇所の補修を兼ねた塗り替えが非常に大切になります。


また、外壁塗装は塗料の色を自由に選べるので、今までと違う色に塗り替えることで新築気分を味わうこともできるというおまけもあります。


外壁塗装の種類


自宅の外壁材が何でできているかを答えることができる人はあまりいないかもしれません。外壁塗装をすることになって初めて知ったという方も少なくないでしょう。
新築時の設計図や見積書などに記載があるはずです。どうしても分からない場合は、建築にたずさわっている人などに聞いてみてください。


外壁塗装を検討する場合、業者まかせにするのはお勧めできません。自宅の外壁についてある程度知っていれば業者が示す塗装方法などが適正かどうかわかりますし、業者も良識のある金額を提示します。


一般的な戸建住宅の外壁材の種類は、サイディングボード、モルタル、塗壁、タイル、ALCなどがあります。近年多く用いられているのはサイディングで、分譲住宅、ハウスメーカーや工務店の企画型商品の標準仕様となっています。サイディングの中にも様々に分類でき、素材も窯業系、木質系、樹脂系、金属系など豊富なバリエーションから選べます。


モルタルはセメントと砂、混和剤を混ぜ、水を加えて練ったモルタルを下地に樹脂系の素材などを塗装する方法。
最近は塗壁も注目されていて、健康のため漆喰や土壁などの自然素材を外壁材にする住宅が増えています。


タイルは色落ちや劣化の心配が少ないためメンテナンスがほとんど必要がないことが魅力で、人気の外壁になっています。


ALCは軽量気泡コンクリートの一種で、旭化成のへーベルと言うとピンとくるかもしれません。耐火性が高く加工が簡単という特徴があります。