外壁塗装の知識

外壁塗装の見積書の見方


業者が出してくる見積書を見ればその業者の質がわかることがあるので、見積書の見方も覚えておくといいです。


例えば項目がおおまかで、「外装トップコート塗り一色○○○円、足場込み一色○○○円」と書いてあるような業者は契約をしない方が良いでしょう。
また、突然訪問してきて、その場で見積書を作成するような業者は信用できないと思っていいでしょう。見積書は建物を詳しく点検してからでないと作成できません。


ちゃんとした見積書でも内容をチェックするようにするして疑問に感じたことを解決しておくことが大切です。


足場は通常「m2」で記載されます。単管抱き足場、棚足場、ビデ足場などの種類があり、後者ほど高くなります。シートも込みで記載されている見積書がありますが、シートがあるかどうかでも金額が変わります。


補修は「m2」「m」、あるいは「一式」で記載されることが多いようですが、補修ヵ所に疑問点や確認したいことがあれば納得がいくまで説明を受けるようにしましょう。


塗装は「m2」で記載されています。金額を落とせば落としただけ塗料の質や量に影響が出ます。塗り回数や使用する塗料の名称・メーカーなどが記載されているのが当たり前ですから、記載されていない見積ならその業者との契約は避けた方がいいでしょう。


見積書には塗装とは関係がないと思われるような金額の記載もありますので、きちんと確認をしましょう。諸経費として廃棄物の処分費、万が一事故が起きた場合の保険費用、さらに交通費、事務費、通信費なども記載があります。よくわからない項目があれば臆せず説明を求めるべきです。