外壁塗装の知識

外壁塗装をDIYするメリットとは?


外壁塗装はお金がかかる、あるいは自分の家は自分でメンテナンスしたいなどの理由から、外壁塗装を自分でやろうとする人もいるようです。


確かにホームセンターに行けば外壁塗装用の塗料や工具が揃っています。それに自分ですれば、専門業者に頼む人件費や中間マージンなどが節約できますから、かなりの節約になります。


DIYのメリットとしては、節約、小さな補修ができる、他人が敷地内に出入りしない、などがあります。一方デメリットは、危険、非常に手間と時間がかかる、塗装方法や塗料選びを間違える可能性がある、近隣とのトラブルが発生する可能性がある、仕上がりが心配、などがあります。


DIYに慣れない人は、不慮の事故が発生することが一番心配です。高い場所での無理な姿勢での作業はケガや身体の故障につながります。


足場も組まないでハシゴなどで行えば、仕事がやりにくい上、塗装にムラが出る可能性があります。また足場をリースすることにしても自分では組めませんから、結局専門家の手を借りなくてはいけません。長期でリースすればその分お金がかかります。


高圧洗浄なども省くことになれば、塗料の定着率が低くなることも覚悟しなくてはいけません。塗装はできたけど、クオリティが専門業者とは全然違うのです。どうしてもムラが出てしまいます。さらに耐久性も非常に低いものになって、短期間でまた塗装をしなければならなくなります。


もしどうしても自分で塗装したいという場合は、できる部分だけにしておくことをおススメします。