外壁塗装っていくらかかる?




外壁塗装リフォームはある程度の年数を経た住宅においてはどうしても必要なものとなります。 その費用は普通のサラリーマン家庭では大金の部類に入るのではないかと思いますが、前回の塗装から10年くらいは間がありますから、 その間に塗装費用として積み立てるなど、計画的に予算だてしておけば無理なく塗装リフォームができます。

外壁塗装リフォームの費用は、大まかに外壁の面積、塗料材料の種類・量、足場、養生、洗浄、下地処理、痛みの部分修復、人件費などから計算されます。

外壁の面積は住宅の建坪には関係なく、あくまでも塗装する壁面積で算出されます。 外壁が平らでツルツルしている場合と、凸凹の激しいザラザラしている壁では、塗料の吸い込み方が違うので塗料の使用量が変わってくるので費用も増します。

修復に関しても木部が腐食していたり、鉄部が腐食していたりすると専門家に修復依頼しなければならないので、別途費用が発生します。 足場は隣家との境界がほとんど無いのと余裕があるのとでは、作業の難易度が異なり、場合によっては狭所作業費用が加算されることがあります。

塗装費用は、塗装する物件の数だけ異なる費用が算出され、ひとつとして同じにはならないということですが、おおよそでいえば、2階建ての一軒家で100万円前後、3階建てなら130?150万円前後です。

ただし、これはあくまでも目安です。建物の形状や痛み具合、使用する塗料の種類と量などで費用の数字は変わってきます。 また、地域の相場もそれぞれなので、地域によってはもっと安くなることもありますし、高くなる場合もでてきます。

外壁塗装の業者選びで迷ったら




外壁・屋根の塗装を考えているけどどこに頼んでいいか分からない、初めての塗装リフォームで何も知識がないなど、 お困りの方はまずインターネットで「外壁塗装」と検索してみてください。非常にたくさんの検索ツールが存在します。

外壁塗装はなぜ必要なのか、塗装業者について、塗料についてなどをざっとでいいので目を通しておくと、実際に業者と会ったときに役に立ちます。

また、塗装業者選びに困ったら、住まいの近くの塗装業者を紹介するサイトにアクセスして業者を紹介してもらうことができます。 さらにこういった仲介サイトでは、塗装の相場もわかるので、すでに見積書を貰っているが比較したいという方にも便利です。

塗装業者を紹介する仲介サイトは「外壁塗装110番」「外壁塗装の窓口」「外壁塗装セレクトナビ」などがあります。 実際の見積もりはどの程度になるか知りたい、外壁塗装の価格を詳しく知りたい、塗装業者を紹介してもらいたい、という場合に便利なサイトです。

見積もったからといって契約しなければいけないということはありません。 地元にどんな業者があるのかがわかりますし、外壁塗装の相場を知ることができるので、今後の計画を立てるうえにも参考になります。

外壁塗装の色選びの注意点




外壁塗装のリフォームで今までとは違った色を選べば、外観が変わって新鮮な感じがします。以前と全く異なる色にすればその家の周辺景色にまで影響が及びます。 家の中は何も変わらないのですが、外観の色が変わっただけで家の雰囲気まで違って見えてきます。それくらい色は大切だともいえます。

だからよけい塗料の色選びには慎重になります。外壁塗装をした後は10年ほどはその色ですから失敗すると10年間もイヤな思いに耐えなくてはなりません。

外壁塗料の色選びで注意したいのは、白と黒は汚れが目立ちやすいということ。 オフホワイトを除いて、真っ白や真っ黒な外壁は実は汚れが目立つのです。車の色で置き換えてみるとわかりやすいと思いますが、真っ白や真っ黒の車は汚れが目立ちます。

それでも白や黒がいいという場合は、白や黒の中でもバリエーションがあるのでなじむ色を選び、丁寧に塗装を行う業者に依頼するとよいでしょう。

赤、青などの原色系は経年劣化で色が落ちてきて、家全体が古びて見えてしまいます。 塗装は塗ったその瞬間から劣化が始まっていると言っても過言ではありません。家そのものが劣化していますが、原色カラーを塗ると古臭さが倍増してしまいます。

また、周りの家の外壁の色にも調和する色を選ぶ必要があります。個性的な色で目立ちたいとしても、周りの景観を損ねるまでの色は控えるべきでしょう。 最初から○○色!と決めるのではなく、クリーム系・グレー系・ブルー系というような感じから広げてゆく色選びの方法もあります。

外壁を2色で仕上げたいという場合は、ばっちり2色に分けるのは見た目が派手になって感じがよくないので薦められません。 ツートンカラーの外壁は、調和がとれた同系色で選ぶか彩度が同じぐらいの色を選ぶのが良いとされています。色の割合は6:4か7:3くらいが良いとされています。

塗装業者が持っている色見本やカラーサンプルはあくまでも参考としておきましょう。 小さな見本では実寸大の外壁の色と見え方が異なります。見本でみる色より実際の方が薄い色で見えます。

また、光の当たり具合でも見本と実際とは異なった見え方になります。色見本を蛍光灯の下で見た場合と自然光との違いです。 外壁の色はあまり主張しない色がストレスがなくて良いといわれています。10年間程度は見続ける外壁ですから色選びは慎重にしたいですね。

外壁塗装の種類でおススメは?




外壁塗装の工事代金のほとんどが塗料代です。選ぶ塗料の種類、外壁の種類などでも費用が違ってきます。

一般住宅で主に使用される塗料は3つあります。アクリル塗料、シリコン塗料、フッ素塗料です。 この中でも特に一般住宅で使われるのがシリコン塗料です。耐久性が10?15年と高く値段も手ごろです。 最近新型塗料として登場したのが、ラジカル塗料ですが、耐久性は15年前後とシリコンより長く費用もそんなに高くないので注目されています。

一方アクリル塗料は値段は安いけど耐久性が5?8年と非常に短いので、短いスパンで塗り替える場所だけに使われるタイプの塗料です。 フッ素系塗料は耐久性が非常に高く15?20年。長期的にみると費用も安くなるのでフッ素塗料を選ぶ人も多くなっています。

どの塗料が良いのか分からないなら、シリコン塗料にすれば間違いありません。 シリコン塗料にも非常に多くの種類がありますが、どこのものでも大差はないと言われています。 基本的に大手メーカーである日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研のシリコン塗料なら間違いありません。

ただし、塗料は家の立地、気候、予算などによって大きく変わります。 適切な塗料を決めたい場合は、信頼できる業者に家を見てもらって相談して決めるのが一番良い方法です。 できれば複数の業者に見てもらい見積りを比べてみるのが失敗しない方法です。

外壁塗装を行うタイミング




新築当初は塗装したばかりでツヤがあり、防水効果もばっちりです。しかし全ての塗料は必ず劣化します。 塗料のグレードが高ければ劣化までのスピードが遅いというだけでいつかは劣化します。

「劣化のない塗料を使います」などという塗装業者がもしいたら、悪徳業者の営業トークですから注意してください。

一般的に外壁は数年経過で、劣化が素人でもわかるほどになります。 まず劣化の現象としてツヤがなくなります。ツヤあり塗料を選んだとしても数年でツヤがなくなります。ツヤがなくなると壁自体の防水効果が減少します。

ツヤがなくなって壁や屋根に塗ってある塗料の防水効果が減少し、水をはじく力を失うと外壁が湿った状態が続き、次に乾燥するなどを繰り返すと、ヒビが発生します。 あちこちに小さなヒビ割れができて、放っておくとそのヒビはどんどん大きくなります。この状態が前回の塗装から約10年以内におきます。

前回の塗装から10年ほど経過したら、外壁をよく観察して小さなヒビ割れがないか点検する必要があります。 また、指先で軽くこすってみて塗料が白い粉状になってチョークのように指についてくるようなら劣化が進んでいるとみて間違いありません。

この時点で外壁や屋根の塗装を行っておけば、被害は最小限で済みます。 一般的な2階建ての住宅なら良い塗料を使用したとしても100万円以下で済ませることが可能です。